ご挨拶

第24回日本家族性腫瘍学会学術集会
大会長 松原 長秀
(尼崎中央病院)
第24回日本家族性腫瘍学会学術集会の大会長をおおせつかりました尼崎中央病院の松原長秀です。今回は田村智英子先生との二人会長ということで開催させていただきます。神戸での開催ということでは、第3回大会を1997年に湯浅保仁先生と野口眞三郎先生が開催されて以来2度目で、21年ぶりということになります。
学会のテーマについては色々考えましたが、結局単純な所に落ち着き、単語のリンケージLinkageと致しました。
我々の分野では家系内に集積する遺伝性腫瘍の原因遺伝子の位置を同定するのにlinkage analysisが多用されましたので馴染みのある言葉です。
社会のなかで人間同士のつながり(linkage)の細小単位が家族であり、時間をまたいで広げると家系となります。我々の学会では、その家系に集積性に発生するがんを研究対象としていますが、これまで対象にしてきた集積性の強いがんのみならず、集積性の弱いものも多く認識されるようになり、散在性のがんとの線引きが曖昧となってきました。
がん治療薬においては、最近遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)の原因遺伝子に変異のある腫瘍に特異的に効く薬が開発されました。一方、一般の乳癌にも同様の変異を有するものがあるので、この薬の治療対象となります。大腸癌では、マイクロサテライト不安定性(MSI)陽性癌に、免疫チェックポイント阻害薬がほぼ特異的に奏功することが分かってきましたが、散在性大腸癌にもMSI陽性癌があるため、やはりこの薬の治療対象となります。したがって、これらの薬剤を使って治療するためには、遺伝性腫瘍の原因遺伝子変異、あるいはそれによってもたらされるDNAの変化(MSI等)を、診断されたすべてのがんについて調べざるを得ない状況になりつつあります。
一方、次世代シーケンスによる解析が安価になりました。その結果、一般の癌を対象にクリニカルシーケンスによって得られた遺伝子変異に基づいて、個々のがんに有効な治療薬の選択がなされるようになってきました。この検査からも、遺伝性腫瘍が(意図せず?)次々と診断される時代となっています。このように、がんの診断治療において、遺伝性がんと一般のがんの境界が曖昧になりつつある時代において、我々の学会の守備範囲も広くなり、果たすべき役割もますます重要になってきています。
今回は、この新しい時代を踏まえて、様々の専門分野の先生方に、最新情報のlectureをしていただけるように企画いたしました。できるだけ多くの話をしていただきたいため、それぞれのlectureの時間はやや短めとなっています。
また、当学会では近年会員増がつづいていますが、学術集会に参加される新旧の会員同士がしっかり交流をして、多くのつながり(linkage)を作っていただきたいと考えて、あえて、午前と午後に30分ずつのコーヒーブレイクを入れました。この交流を通じて、多くのlinkageが生まれ、新たな共同研究等が誕生することを期待しています。懇親会にも是非ご参加ください。
2017年は神戸開港150年目にあたり、さまざまの記念行事が行われました。神戸は震災を乗り越え、更に魅力的な街に生まれ変わっています。学術集会会場は神戸の人工島のひとつにあり、国際色豊かな場所ですので、ぜひ学会の外でも、神戸の町を楽しんでいただけたらと思っています。
JSFTロゴ
大会事務局
尼崎中央病院
〒661-0976 兵庫県尼崎市潮江1-12-1
運営事務局
第24回 日本家族性腫瘍学会学術集会
運営事務局 有限会社トータルマップ内
〒675-0055 加古川市東神吉町西井ノ口 601-1
Tel: 079-433-8081 / Fax: 079-433-3718
E-mail: jsft2018@totalmap.co.jp

ページトップへ戻る